【レビュー】ネムゾウまくらは首が痛くならない枕?使い心地を徹底検証

ネムゾウまくら レビュー

 

いきなりですが…

ネムゾウまくらは、はっきりいって知名度が低いまくらです。

私自身もレビューするまでは存在すら知りませんでした。

ですので、知る人ぞ知る枕とえいえます。

 

しかし、今回の検証で調べれば調べるほど…

「多くの人に知ってほしいまくら」

と、心からおもいました。

じつは、期待以上のまくらだったのです。

 

本記事をとおして、ネムゾウまくらの魅力をすこしでも感じて頂けると、うれしくおもいます。

もちろん、メリットだけでなくデメリットについても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

ネムゾウまくら公式ストアはこちら

楽天市場で見てみる

 

プロフィール

家具コンパス

・家具業界で20年以上働くマーケター
・商品開発やセールスなど幅広い分野で活動中

→くわしいプロフィール

MEMO
・本記事を制作するにあたり、ハピラフデジタル様から商品を提供いただきましたが、ハピラフデジタル様は記事の内容には関与していません。くわしくは運営ポリシーをご参照ください

・当メディアは広告収入で得た利益で運営しています

【結論から】ネムゾウまくらの使い心地は?

ネムゾウまくらの評価
フィット感
(5.0)
耐久性
(4.5)
価格
(4.0)
総合評価
(4.5)

結論からいいます。

ネムゾウまくらは…

フィット感バツグンで、かなり気持ちいい枕です。

吸い付くように首にピッタリとフィットするので、首が痛くなりません。

体験をとおして、翌朝スッキリと起きられたので、高く評価することができました。

まるで水の上に浮いているような心地よさです。

 

ネムゾウまくらのここがすごい

ネムゾウまくらの素材は、ウレタンでも羽毛でもありません。

熱可塑性(ねつかそせい)エラストマーという素材をしています。

これが、またすごい素材なのです。

 

すごい点をまとめますと…

  • フィット感がバツグンにいい
  • 耐久性が高い
  • 効率的に負荷を分散する

 

とても丈夫な素材なので、ウレタンのようにヘタる心配がありません。

つまり、形状が崩れにくいので、長く使えるのです。

パイプまくらやウレタンといった他の素材のまくらに比べても、寿命が圧倒的に長いのは大きなメリットといえます。

丈夫さだけでなく、構造面でも使い心地を配慮した細かな工夫がなされています。

 

ブニョっとした感触は、まるで水枕のよう。

他の素材では味わえない気持ちよさがクセになります。

 

ネムゾウまくらを公式ストアで見てみる

楽天市場で見てみる

ネムゾウまくらの口コミは?

ネムゾウまくらは、発売からまだ間もないため、口コミは見当たりません。

だからこそ、家具コンパスでは細かい部分に至るまで徹底検証しました。

ぜひ、本記事を参考にして頂けるとうれしくおもいます。

 

口コミが増えてきたら追記しますね。

 

メリット・デメリット

ネムゾウまくら メリット デメリット

ネムゾウまくらをたっぷり検証して見えたメリット・デメリットについて解説します。

 

メリットを解説

はじめにも解説しましたが、ネムゾウまくらは吸い付くようにフィットします。

そのため、首にすき間をつくらず、しっかり支えるのです。

じっさいに体験をとおして、肩や首にハリを感じず翌朝スッキリと起きられました。

また、丈夫で長く使えるのもメリットのひとつといえます。

 

デメリットを解説

商品に関するデメリットはとくにありません。

品質・使い心地、どれをとっても本当によくできたまくらです。

 

また、他のメディアで「重いのがデメリット」と紹介しているものがありましたが、重さはデメリットにならないと当サイトでは判断しています。

むしろ、重いほどズレにくいので、メリットととらえてもいいくらいです。

 

ちなみに、ネムゾウまくらのデメリットは、知名度が低いという点でしょう。

そのため、口コミも見当たりません。

これから人気が出る枕だと予想できますので、今後に期待です。

 

ネムゾウまくらの基本情報

商品名ネムゾウまくら
サイズ幅:53cm
奥行:35cm
高さ:【前方】8cm【後方】10cm
材質本体:熱可塑性(ねつかそせい)エラストマー
カバー:ポリエステル100%
価格14,800円
送料全国送料無料
製造国中国
販売店ハピラフデジタル合同会社

 

ネムゾウまくらを公式ストアで見てみる

楽天市場で見てみる

ネムゾウまくらの品質を検証&解説

ネムゾウまくらは、段ボールに入って届きます。

箱を開けると、写真のように不織布のバッグに入っています。

 

中材の特徴

中材は熱可塑性(ねつかそせい)エラストマーになります。

着目したポイントは4つです。

  1. ハニカム構造
  2. 2種類の高さ
  3. 硬さと弾力性
  4. 衛生面

 

ハニカム構造

ネムゾウまくら 構造

蜂の巣のような構造をハニカム構造といいます。

ネムゾウまくらは、このハニカム構造によって、うまく体圧を分散する仕様にしていることが確認できました。

衝撃吸収性に優れており、後頭部にやさしいのも特長のひとつです。

 

ハニカムの穴の大きさによっても、使い心地は変わってきます。

穴が大きいほどやわらかく、小さいほど硬くなります。

ネムゾウまくらのハニカム構造は、穴が小さいため、ほどほどの硬さを感じました。

「やわらかい素材だけど、頭部をしっかり支える硬さは備えている」

といった表現が当てはまります。

 

ムレにくく熱を感じにくい

ハニカム構造で穴が貫通しているので、通気性がとてもいいです。

ですので、寝ていて頭部に熱を感じにくく、汗をかきにくい特長があります。

じめっとしたイヤな感じがしません。

 

2種類の高さで好みの高さに合わせられる

ネムゾウまくら 高さ

ネムゾウまくらは前方と後方で高さがちがい、自分に合う高さで使えます。

なお、実測したところ、公表値どおりの数値でした。

身長の異なる2名が試してみた結果

身長180cm

身長180cmの筆者は、前方10cmを手前にしたほうが使いやすかったです。

8cmを手前にしたら低すぎると感じました。

身長169cm

身長169cmの女性は、手前を8cmにしたほうがフィットしました。

手前を10cmにすると、首に圧迫感を感じてしまうようです。

 

ネムゾウまくらを公式ストアで見てみる

楽天市場で見てみる

硬さと弾力性

ネムゾウまくらの素材「エラストマー」はゴムのようにかなり伸びます。

引きちぎれんばかりの強さで引っ張っりましたが、破れません。

それほど強度がある素材になります。

 

 

指で押さえるとブニョっとした感触ですが、頭部を置くと、そこまでソフトには感じません。

「ややソフト」といったところです。

これはハニカムの穴が小さいからと推測できます。

 


動画ではブニョブニョ具合がお分かり頂けます。

 

衛生面

ネムゾウまくらの中材「エラストマー」は、水洗いできます。

汗や皮脂がついても、水で洗い流せるのでとても衛生的です。

 

使用中に音はしない?

中材のエラストマーは、指で押すとブリュっという音がします。

これはハニカム構造で立体的なつくりになっているためです。

しかし、使用中に頭部を置いた状態なら音は気になりません。

寝返りの際に、少しだけ音がする程度です。

睡眠を妨げることはありません。

 

サイズを検証

中材の奥行きは33cm(公表値は35cm)でした。

公表値の35cmはカバーを取り付けたマチを含んだ寸法になります。

なお、サイズ感としては平均よりやや小さめとなります。

小さめ(ネムゾウまくら)幅50cm
奥行き35cm
基本サイズのまくら幅63cm
奥行き43cm
大きめサイズのまくら幅70cm
奥行き50cm

 

重さ

重さを計測したところ、約2.4Kgありました。

枕としては規格外の重さです。

平均値より約2倍の重さです。

ただ、重いからといって使い心地に変わりはありません。

持ち運びぶときは取りまわしにくいですが、ふだん使うぶんにはむしろ安定感があります。

軽い枕とちがい、すぐにズレたりしないのです。

 

カバー

カバーはポリエステル100%で、ごくふつうの生地です。

とても軽いですが、伸縮性はありません。

 

側面は通気性にすぐれたメッシュ素材です。

 

 

ネムゾウまくらは、残念ながら洗濯機で洗えません。

手洗いのみ可能となります。

 

【体験レビュー】使い心地を解説

体験レビューをもとに使い心地について解説します。

  • 仰向け
  • 横向き
  • 寝返り

 

以上3つについて、くわしく解説していきます。

 

ネムゾウまくらを公式ストアはこちら

楽天市場で見てみる

仰向け寝

頭部を置いた瞬間、グニョリとした感覚があります。

体験したことのないような感覚でしたので、正直はじめは戸惑いました。

2-3日経ったころから慣れて、気持ちよさを感じるようになります。

 

 

ネムゾウまくら 首 フィット感

写真では、低いほう(8cm)を首側に当てるようにして使っています。

首にピッタリとフィットしており、圧迫感もありません。

ほんとうによくフィットします。

 

 

横向き寝

ネムゾウまくら 横向き寝 レビュー

横向き寝も快適で、写真のように姿勢もまっすぐになります。

個人的には仰向けより横向きのほうが寝やすいと感じました。

MEMO
横向き寝が多いなら、後方(10cm)を手前にして使うと寝やすいです

 

ネムゾウまくらを公式ストアで見てみる

楽天市場で見てみる

寝返り

ネムゾウまくら 寝返り打ちやすさ

弾力性のある素材なので、寝返りはとても打ちやすいです。

押し戻すような、寝返りをサポートするかのような感覚を覚えます。

 

ネムゾウまくらを公式ストアで見てみる

楽天市場で見てみる

他の枕と比較。好みはどっち?

ネムゾウまくら 比較

ネムゾウまくらを他のまくらと比較してみました。

比較しやすいように、ネムゾウまくらの使い心地をおさらいしておきます。

  • 吸い付くようにフィットする
  • 水まくらに近い感触
  • 弾力性が高く寝返りが打ちやすい
  • 丈夫で長持ちする

 

ネムゾウまくらを公式ストアで見てみる

楽天市場で見てみる

 

パイプ枕と比較

ネムゾウまくら パイプまくらと比較

しっかりした硬さが好みなら、パイプ枕のほうがおすすめです。

ネムゾウまくらとは対照的な硬さがあります。

フィット感については、申し分なくネムゾウまくらのほうが優れています。

首にピッタリとフィットし、負荷を分散する仕様はネムゾウまくらならでは。

パイプ枕のほうが安いですが、スペック面はネムゾウまくらにかないません。

 

ウレタンまくらと比較

ネムゾウまくら ウレタンまくらと比較

ウレタンまくらはやわらかく、フィット感に優れた素材です。

ウレタンの種類によっては、ネムゾウまくらより優れたフィット感のウレタンまくらもあります。

ただし、ウレタンは性質上使ううちにヘタってくることは避けられません。

 

また、熱がこもりやすく通気性がいまひとつというデメリットもあります。

「通気性」「耐久性」の面ではネムゾウまくらのほうが優秀といえます。

 

羽毛まくらと比較

ネムゾウまくら 羽毛まくらと比較

 

フワッとした使い心地が特徴の羽毛まくらは、通気性と保湿性に優れいるのもメリットです。

オールシーズン使いやすいため、昔から多くの人に愛用されています。

ただし、羽毛まくらは使ううちにつぶれてきて、低くなるデメリットがあります。

「いつの間にかペタンコになって高さが合わなくなってしまった」

と、経験した人もいることでしょう。

羽毛まくらは、とても心地よく高級ホテルでも採用されているまくらですが、1-3年で寿命を迎えることも。

「寿命の長さ」という点では、ネムゾウまくらのほうが圧倒的に長いです。

ネムゾウまくらの寿命は10年と公式ストアで紹介されています。

 

ネムゾウまくらがおすすめの人・おすすめしない人

さいごに、ネムゾウまくらが「おすすめの人」と、「おすすめしない人」を解説します。

 

おすすめの人

  • 首にフィットするまくらが欲しい
  • やわらかいまくらが好み
  • ずっと使い続けたい

繰り返しますが、ネムゾウまくらは、首にしっかりフィットします。

押し出すような圧迫感もなく、やさしく支える感触が伝わり、ほんとうに首がラクです。

 

そして、中材のエラストマーは耐久性が高い素材なので、長く使えるのも購入する理由のひとつになります。

10年間使うとすると、1年あたり約1,500円で使える計算です。

長い目で見ると、かなりコスパがいいといえるのではないでしょうか。

 

ネムゾウまくらを公式ストアで見てみる

楽天市場で見てみる

 

おすすめしない人

  • 硬い枕が好み
  • 水まくらの感触が苦手

 

ネムゾウまくらはパイプ枕のように硬くありません。

ウレタンのようにもっちりした感覚でもないです。

ブニュリとしているものの、ほどよい硬は備えています。

好き嫌いは分かれるところですが、水枕のようなブニュリとした感触が苦手な人には合わない可能性があります。

まとめ:価格に見合う価値ある枕といえる?

ネムゾウまくらの吸い付くようなフィット感は、かつて味わったことのない感覚でした。

使いはじめは正直戸惑いましたが、慣れてしまうとやみつきになる心地よさですよ。

「まくら選びに迷ったら、ぜひ体験してほしい」

心からそうおもえるまくらでした!

 

 

ネムゾウまくら公式ストアはこちら

楽天市場で見てみる